SEKAI NO OWARI

SEKAI NO OWARI の雑誌情報まとめ【随時更新】

投稿日:2020年6月20日 更新日:

今後発売される雑誌

Rolling Stone Japan vol.11

7月28日から放送がスタートする玉木宏主演ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』の主題歌「umbrella」の話から、メンバー4人の死生観、ドロップアウトしたところから夢を叶えたFukaseが本当に伝えたいこと、コロナ禍で変化した/していない意識、科学と環境問題、そしてグローバル展開を目的として取り組む「End of the World」プロジェクトについてまで、じっくりと聞いた2万字インタビュー。激動の2020年、SEKAI NO OWARIの創作哲学にあらためて迫った。

出典:https://rollingstonejapan.com/articles/detail/34262

Rolling Stone Japan vol.11
発売日:2020年7月28日(火)

Amazonで詳細を見る(現在取り扱いなし)

楽天で詳細を見る セブンネットショッピングで詳細を見る

現在発売中の雑誌

サウンド&レコーディング・マガジン 2020年9月号

2020年6月24日に、活動11年目のスタートを飾る両A面シングル『umbrella / Dropout』をリリースしたSEKAI NO OWARI。同作は、ストリングスとバンド・サウンドが融合するドラマチックなアレンジのJポップ・ソング「umbrella」、壮大なコーラスとシンセ・リードが交差するEDM調ダンス・トラックの「Dropout」、そしてプロデューサーに蔦谷好位置を迎えて制作された「周波数」の3曲を収録している。今回はSEKAI NO OWARIのほぼすべての楽曲においてアレンジの根幹を担うNakajinと、同バンドのミックス/レコーディングを長年担当するエンジニアの前田和哉氏を交えて、制作に関するインタビューを行った。

出典: https://www.rittor-music.co.jp/magazine/detail/3120121004/

サウンド&レコーディング・マガジン 2020年9月号
発売日:2020年7月22日(水)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る セブンネットショッピングで詳細を見る

日経エンタテインメント! 2020年8月号

2010年にインディーズデビューを果たしたSEKAI NO OWARIが10周年を迎えた。そのタイミングで出した新曲は、自らが「シングルではあまり作ったことがない」という曲になっている。新曲が出来上がるまでの過程、そしてバンドとしての過去と未来について話を聞いた。

出典:http://ent.nikkeibp.co.jp/ent/monthly/2020/08/index.shtml

日経エンタテインメント! 2020年8月号
発売日:2020年7月4日(土)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る セブンネットショッピングで詳細を見る

ROCKIN’ON JAPAN 2020年8月号

日本を代表する邦楽ロック、ポップス専門の音楽雑誌。 2020年08月号には SEKAI NO OWARI が登場!

SEKAI NO OWARI「俺の作りたいものはみんながいいと思ってくれるもの。そういうイコールの方程式が成り立ってる」──ニューシングル『umbrella / Dropout』を語る

出典: http://www.rockinon.co.jp/product/magazine/145685

ROCKIN’ON JAPAN 2020年08月号
定価:680円(税込)
発売日:2020年6月30日(火)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

NYLON JAPAN 2020年8月号

「SEMAI NO OWARI」12ページにわたるFukaseのスペシャルシューティング&2万字ロングインタビューを掲載!

出典:https://sekainoowari.jp/schedule/2020/06/17/791/

NYLON JAPAN 2020年8月号
定価:1000円(税込)
発売日:2020年6月27日(土)
仕様:A4 変型版/164ページ

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

AERA 2020年6月29日号

インディーズデビューから10周年の今年、予期せぬコロナ禍に襲われながら作った「図鑑」の話から始まり、これまでの10年を振り返る4人。ドームツアーの中止とベスト盤発売の延期が決まって、LINE LIVEで直接、ファンに伝えたときのエピソード、6月24日に発売を控えたシングル「umbrella/Dropout」の制作過程……。4人の本音が次々に飛び出します。

インタビュー後半の話題は、「これからの10年」。これまでの10年は「前例のないことをプレゼン」するところから始めてきたと振り返りながら、でもそれこそが、「クリエイティブな作業だった」と語るFukaseさん。新しいことは不安だけれど、誰も歩いていない道だから楽しいんだ、というメッセージには、これからを生きる私たちに「それでも未来は明るい」と思わせる力があります。

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001001.000004702.html

AERA(アエラ)2020年6月29日号
定価:400円(税込)
発売日:2020年6月22日(月)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

ROCKIN’ON JAPAN 2020年6月号

表紙にはセカオワが登場。また「セカオワの10年、夢と革命の10年」という50ページの特集が組まれた。

これは、4人の歩み――というか、4人の生き方をそのまま振り返ってもらったとても長いインタビューである。それぞれに半生を振り返ってもらったことはあるが、「セカオワ」としてここまで長い物語を語ってもらったのは、JAPANでも初めてのことだ。

このテキストからは、彼らはなぜ4人だけで生きてこなくてはならなかったのか、その生き方の何が革命で、そしてそこにはいかなる夢が存在していたのか、セカオワはなぜ、「世界の終わり」というバンド名でなくてはならなかったのか、そして彼らは何を成し遂げ、これから何を歌い続けていくのか、そんなすべてのことが語られている。

―― 小栁大輔(『ROCKIN’ON JAPAN』2020年6月号より抜粋)

ROCKIN’ON JAPAN 2020年06月号
発売日:2020年4月30日(火)

この雑誌について詳しく解説された記事を見る

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

合わせて読みたい記事: 祝 SEKAI NO OWARI 10回目の表紙!セカオワが特集された ROCKIN’ON JAPAN を振り返る

-SEKAI NO OWARI

執筆者:

関連記事

【衝撃】Fukaseはセカオワ以外にもう1つバンドを組んでいた!?

ツイート より みなさんこんにちは、ハル次郎です。 先日 SEKAI NO OWARI の Fukaseさんがプロジェクト「BADMOOD」を発表しました。 BADMOODとはFukaseがデザイン監 …

セカオワのオシャレなセトリ思いついたから聞いてほしい

みなさんこんにちは、ハル次郎です。僕は SEKAI NO OWARI が好きで彼らのライブ前にセットリスト(演奏される曲の順番)の予想をよくします。その過程でとても「オシャレなセトリ」を思いついたので …

SEKAI NO OWARI 大特集!雑誌「ROCKIN’ON JAPAN」6月号 内容・発売日・価格は?【セカオワ】

rockin’on.com より みなさんこんにちは、ハル次郎です。 音楽雑誌「ROCKIN’ON JAPAN」2020年6月号の表紙に SEKAI NO OWARI が登場し …

SEKAI NO OWARI「Death Disco」に隠された問いの力【歌詞の意味を考察】

みなさんこんにちは、ハル次郎です。 僕は以前こんなツイートをしました。 『Death Disco』には “正義と悪が共存することでより良い世界になる” というメッセージが込められている。ここで「悪は滅 …

セカオワの『向日葵』が革新的な曲である理由

SEKAI NO OWARI が2019年に発売したアルバム「Lip」に『向日葵』という曲があります。ハル次郎はこれを聞いたときとても革新的な曲だと思いました。本記事ではそう思った理由を述べていきます …