SEKAI NO OWARI

なぜセカオワは「WHAT A BEAUTIFUL WORLD」とメッセージを放ったのか?【2019年の全国ツアー The Colors を考察】

投稿日:2020年1月25日 更新日:

SEKAI NO OWARI が2019年に行った全国ツアー「The Colors」では最後に “WHAT A BEAUTIFUL WORLD” というメッセージが放たれた。この演出の意図を考察する。

YouTube より

このツアーでは最後、ボーカルのFukaseが手元のパソコンに打ち込んだ “WHAT A BEAUTIFUL WORLD” というメッセージがモニターに表示される演出があった。(画像上)

この文を直訳すると 「なんて美しい世界だろう」 という意味になる。

セカオワはなぜこのようなメッセージを放ったのだろうか?

真相は分からないがハル次郎は「このモニターに他には何が映されていたか」を見ればその答えに近づくと考えた。

言うまでもないが彼らのライブの醍醐味はその巨大で幻想的なライブセットにある。

彼らはステージ上に巨大樹や洋館、ネオン街をつくり出してきた。

しかしこのツアー「The Colors」では違った。

ステージは基本的にモニターで構成されており、巨大なセットはそこになかった。

幻想的で独自の世界観を創り上げてきたセカオワがこのライブではそれを見せなかったのだ。

その代わりにステージ上のモニターに映されたのは私達が生きる「現代社会」の様子だった。

彼らが創り上げたファンタジーに満ちた世界ではなく、あえて僕たちが生きる世界の映像を観客に見せたのだ

ORICON MUSIC より

そして最後にそのモニターに映されたのが 「なんて美しい世界だろう」 という意味の英文。

ニュースなどでネガティブに捉えられることが多いこの世界を「美しい」と言い切った。

自分たちの創った世界を見せることよりも、セカオワの楽曲を通じてこの現代社会をポジティブなものに「再定義」することを優先したのが今回のライブだったのだ。

彼らは「この世界は美しいから大丈夫、悲観することはない」と僕たちの背中を押してくれているのかもしれない。

→ The Colors[DVD]を買う

→ The Colors[Blu-ray]を買う

楽天モバイル スプーンラジオ

-SEKAI NO OWARI
-,

執筆者:

関連記事

no image

SEKAI NO OWARI の初期の活動について解説/デビュー曲「幻の命」や最初の全国ツアー「Heart the eartH Tour」について

シングル「幻の命」フライヤー Fukaseの作詞ノート TV番組の収録用に書いた履歴書 TOUR 2010「Heart the eartH Tour」ライブ資料 Saoriによるレコーディングメモ(天 …

no image

SEKAI NO OWARI・Fukase の個人活動について

【2022年版】SEKAI NO OWARI 夏の曲・夏に聞きたい曲まとめ[Summer、花鳥風月、ムーンライトステーション、不死鳥、向日葵の歌詞解説・考察]

みなさんこんにちは、ハル次郎です。この記事では SEKAI NO OWARI による夏の曲(サマーソング)を紹介します。そしてセカオワの夏に聴きたい曲・夏にピッタリの曲にも併せて言及します。 不死鳥 …

no image

SEKAI NO OWARI のアルバム「scent of memory」について

no image

SEKAI NO OWARI のライブ「炎と森のカーニバル -スターランド編-」について