SEKAI NO OWARI

セカオワによる楽曲のリミックス作品について思うこと【個人の意見です】

投稿日:2020年8月7日 更新日:

みなさんこんにちは、ハル次郎です。本記事では SEKAI NO OWARI による楽曲のリミックスver. に対して僕が思うことを書いていきます。

正直いうとリミックスのよさがわからない

セカオワ関連の楽曲のリミックスって微妙じゃない?」と僕は思います。リミックスは既存の楽曲をセカオワ以外の人が再構成することによって生まれた、その曲の新たなバージョンのことです。

セカオワは今まで楽曲のリミックスを多くリリースしてきました。CDシングルのカップリングとして「深い森」「ムーンライトステーション」「SOS」などのリミックス作品があります。また最近ではグローバルプロジェクト『End of the World』でリリースした曲のリミックス作品が多くなってきました。

そんなセカオワのリミックス作品ですが、僕はあまり好きではありません。これは感覚的なものかもしれませんがサウンドが苦手です。

「えー!?そこでそんなアレンジになっちゃう!?」「謎の4つ打ちが登場した…」「いきなり曲調変わりすぎでしょ」と毎回ツッコみながら聞いてます。

完成度の高い音楽をわざわざハサミでバラバラにして、順序を入れ替えて無理やり合体させたかのような印象を受けてしまいます

もしかしたら僕が特にリミックスが苦手な体質なのかもしれませんが、Twitterなどを見ている限り他のファンの方たちもそのような印象を受けてるのかなと思います。

セカオワの楽曲のリミックスver. が解禁されてもそれにだけ言及しないファンがすごい多いです。(それどころか「One More Night」のリミックス作品が連続で公開されたときは、そのことにうんざりしているYouTubeコメントも多かった気がする…)

リミックスよりリアレンジが聴きたい

個人的にはリミックスよりリアレンジが聴きたいです。このリアレンジも楽曲の再編集版ですが、こちらは第三者ではなくセカオワのメンバーが制作しています。

リアレンジのほうがその楽曲がそもそも持つサウンドを尊重して、無理のない編集をしている気がします。本人たちが作ってるからかもしれませんね。

けどリミックスの必要性もわかる

けどリミックス作品の必要性もわかります。リミックスによってセカオワに注目する人が増えますよね

リミックスは海外のDJが制作することが多いので、そのDJのリスナーがセカオワに触れることになります。そこから興味を持ってもらえるかもしれません。

特に最近のセカオワは海外進出に力を入れています。海外のリスナーを増やすためにリミックスを多くリリースするのは、戦略として間違ってはいません。

実際 End of the World の楽曲「Over」のリミックスは大人気アーティストR3HABによる制作だったため、Spotifyの有名プレイリスト「New Music Friday」(イギリス版)に選出され再生回数が増加しました。

まとめ

勢いでリミックスに関して色々、否定的なことを書いてしまいました(ちょっと反省…)。僕はリミックスが苦手ですが、好きな人はもしかしたら丁寧に聞くというよりは作業用BGM的な感じで楽しんでるのかもしれませんね。

でもやっぱり個人的にはリアレンジのほうが聴きたい!特にライブ限定でしか披露されていないリアレンジ作品を音源化してほしいと思ってます(INSOMNIA TRAIN のインスタントラジオや白昼の夢、The Colors の Death Disco やillisionなど)

-SEKAI NO OWARI

執筆者:

関連記事

「Du Gara Di Du」のグッズを見てどんなライブだったか予想するファンのみなさん

みなさんこんにちは、ハル次郎です。 中止が発表されていた SEKAI NO OWARI によるドームツアー「Du Gara Di Du」のグッズが公開されました。 【ドームツアー2020「Du Gar …

セカオワのベスト盤に興奮するツイートとハル次郎の考えをまとめてみた

2020年2月10日に SEKAI NO OWARI のベストアルバム発売が発表されました。本記事では【それに興奮するファンのツイート】と【ベストアルバムに対するハル次郎の考え】をまとめます。 セカオ …

no image

SEKAI NO OWARI・Fukase の個人活動について

SEKAI NO OWARI「MAGIC」のタイトルが革新的な理由【歌詞の意味を考察】

みなさんこんにちは、ハル次郎です。僕は以前、こんなツイートをしました。 シングルで見れば SEKAI NO OWARI の露骨なファンタジー路線は Dragon Night で終わった。それを象徴する …

no image

SEKAI NO OWARI のアルバム「ENTERTAINMENT」について

ARENA TOUR 2013「ENTERTAINMENT」717資料 シングル「RPG」MV衣装 Fukaseが着用したロボットの装飾 野外ワンマンフェスティバル「炎と森のカーニバル」ライブ資料 F …